店舗内で使う


のぼり旗を店頭に置くことは、集客に大いに役立つため、多くの店舗が使用しています。

とはいえ、のぼり旗を設置するのがそぐわないような立地や
業種の場合には、まったく関係がないかというと、そうではありません。


現在はのぼり旗の種類やデザインが非常に多様化しています。
サイズも非常に様々で、もはや旗ではないかというような大きなサイズから、
卓上サイズまで希望に合わせて揃います。

卓上サイズ


ですから、今までのように、店の玄関口や道路沿いに設置するという
使い方だけではありません。
様々な場所で、使い方を工夫することができるようになりました。

そこで、ぜひおすすめしたいのが、店内でののぼり旗の使用です。
卓上サイズののぼり旗でおすすめ商品やキャンペーンの告知に
利用するのはいかがでしょうか。

店内で


テーブルの上や商品棚の上に置けば、アピール力が違います。
ラミネート加工したポップやスタンドを置くよりもずっと視覚的にインパクトがあります。
どう見られたいかを常に考えながらやるほうがより効果的に行えます。

インパクトというと派手で目立たせるイメージですが、うまく人の行動を
考えることが大切だと思います。


ただただ派手になればいいというものではない。
例えば人の通り道の流れを読む。
他にも目線を考える等、細やかなことを見ることが効果的な印象度を
上げるんだと思います。

 



HOMEに戻る 

インクジェットプリントで作る

売れる店舗づくり

店舗内で使う

のぼりの効果的な使い方とは

サイトマップページへ

のぼりの染色方法について

インクジェットの利点

メリット

のぼりを置くことによる効果

ウェブショップからの購入を考える