のぼり旗を掲げるときは道路交通法に注意


道路の広告物を設置することは、道路交通法によって禁止されています。

人や車が通ることを目的として作られている道が道路なので、車道はもちろんですが
歩道ものぼり旗を掲げることができない場所です。

設置場所許可なくのぼり旗を設置したり、交通妨害となる設置は禁じられているので、
よく確認することが必要です。

道路にのぼり旗を設置する場合には、道路使用許可の申請をする必要があります。

設置を予定している場所を管轄している役場に確認の上、申請手続きを
することになります。

大きさや表示面積、地上からの高さや許可期間などが地域によって設定されており、
許可手数料がかかります。

私有地内であれば自由に設置することができますが、歩行者や自動車などの通行の
妨げになる場所の場合には設置することができます。

通行人の妨害をしたり、ドライバーの視界を遮ったりしないことをよく確認して
おくようにしてください。

道路交通法道路交通法により設置が禁止されている場所や道路使用許可をとらずに
設置した場合には、注意勧告や撤去指示を受ける可能性があります。

注意勧告や撤去指示を受けてから撤去するという業者も多いのですが、
きちんと許可をとっているお店の方が印象が良いので、ルールを守って
宣伝を行うことがおすすめです。

道路交通法をあらかじめ確認し注意することはもちろんですが、
分からない時には役所に確認する、歩行者やドライバーの視点に立って
設置場所を決めることがポイントです。

 



HOMEに戻る 

インクジェットプリントで作る

売れる店舗づくり

店舗内で使う

のぼりの効果的な使い方とは

サイトマップページへ

のぼりの染色方法について

インクジェットの利点

メリット

のぼりを置くことによる効果

ウェブショップからの購入を考える

設置場所に注意設置場所に注意